徒然日記帳

日常生活で思ったことを備忘録として書いていくブログです。

【ブログ運営】ブログ開設9か月目でのアフィリエイト収益報告

 

 

ブログ開設9か月目のアフィリエイト収益報告

 

ブログ開設9か月での収益は86800円でした。

 

f:id:oruka199665:20170805040702p:plain

 

ちなみに今までの推移はこんな感じです。今のところ右肩上がりですが、7月が色々出来すぎたので今月は7万円くらいになりそうかなーと思ってます。

 

2016年の11月にブログを開設して、3ヶ月間毎日投稿し半年後にアドセンスやA8.netなどでブログの収益化を始めました。

 

初月の4月は約3000円と時給換算すると約10円くらいで心が折れかけましたが、めげずになんとか続けた結果、ブログ開設9か月目(マネタイズ化3か月)にてようやくまともな収益を出すことが出来ました。

 

欲をいうと、ブログのタイトル的にも10万円超えてほしかったのですが、惜しくもとどきませんでした。。。

 

ちなみにサイトは、http://www.dmjtmj-stock.com/でジャンルは株・投資関係です。

 

 

収益の内訳

 

Adsence・・・22000円

 

A8net・・・・ 61000円

 

Amazon・・・ 3000円

 

 

まあ見れば分かる通り、収益の大半はGoogleアドセンスとA8netです。

 

やっぱりこの2つはいろんなブログで進められるだけあって私みたいな初心者でも簡単に収益が発生するのでありがたいです。

 

特にGoogleアドセンスがいいですね!記事書いて広告が貼っとくだけで収益が発生するので本当にありがたいです。

 

物販はやっぱり金額が変動するのでPVから大体収益の目安が建てられるアドセンスは本当に頼もしいです。

 

統計データとかだとアフィリエイターの半分が月1万円以下と言いますし、そこそこのポジションまでは来たのかなーと思いますが、他を見て回るとやっぱり上には上がいますしまだまだ頑張らないとなと思っています。

 

ブログはあくまで副業で、この商売で飯を食っていくというつもりはありませんが、やっぱり人生この先何があるか分かりませんし、本業以外の収益源を強くしていきたいですね。

 

よくアフィリエイトは儲からないと言われますが、こんな感じであきらめずに頑張れば1年で月100万円みたいな夢みたいなことはありませんが、お小遣い程度の額は稼げるようになると思います。

 

⇨1年間続けて気付いたアフィリエイトで儲ける秘訣

 

 

 

【ブログ運営】独自ドメインの選び方

jpやcomなどのドメインはどれを選べばいいか

独自ドメインの取得にあたって悩むことのひとつが、.jp/com/net…などたくさんあるドメイン(正しくはトップレベルドメイン)のなかから、どれを選ぶかということだと思います。

ここでは価格や信頼性といったいくつかの観点から、目的に応じたおすすめドメインを紹介していきます。

法人向けサイトを運営する場合

企業の自社サイトや、法人運営によるサービスサイトを作成する場合は「.co.jp」もしくは「.ne.jp」ドメインがおすすめです。

おすすめの理由としては、法人で取得する場合にはドメインの価格よりも信頼性が重要だからです。「.jp」ドメインは、数ある国別ドメインのなかでもとくに高い信頼性を誇るドメインですが、「.jp」だけなら、国内に住む個人でも取得できます。

しかし「.co.jp」となると国内に存在する法人しか取得が認められていませんし、「.ne.jp」も国内にある組織団体しか取得できません。そのためこの二つはドメインの信頼性は非常に高くなっています。(このほか大学の学術団体であれば「.ac.jp」ドメインも信頼性が高いです)

.co.jpや.ne.jpは、後述する.comや.netに比べると維持費用が高くなるのが唯一の難点ですが、それでも年額にして2000~3000円程度の価格差であり、経費として考えればごく安いものです。それだけの経費で、企業の顔ともいえるウェブサイトに信頼性を持たせることができるので、ぜひこれらドメインの取得をおすすめします。

また取得のハードルが高い(国内の法人や組織しか取得できない)ことから、これまでに取得されたドメインも数が限られており、自分が取得したい独自ドメイン名が空いていることが多いのも特長です。

個人でサイトを運営する場合

個人でサイトを運営する場合は、まず「.jp」ドメインを選ぶか、それ以外のドメインを選ぶかを検討する必要があります。

.jpドメインを選ぶ場合
.jpドメインは日本国内にいる人間しか取得できないという制限があるため、他ドメインに比べて信頼性が高いです。

ただそのぶん維持費も高く、年間3000円程度の費用が発生してしまいます(ドメイン取得業者ごとに価格には多少幅があります)。そのため通常のサイトを運営するのであればあえて.jpドメインを選ぶ必要はないと思います。

ただ最近は個人でも会員制のSNSを立ち上げるなど、個人情報を扱う機会も増えています。こうしたユーザーからの信頼感が求められるサイトを運営する場合には、.jpドメインの利用もおすすめです。

その他のドメインを選ぶ場合
そのほかのドメインとして代表的なのは、.com/.net/.org/.biz/.infoの5つです。ほとんどの方は、このなかから選ぶことになると思います。

ほかにも.me(モンテネグロのドメイン)を「自分」を表すドメインとして個人サイトに使うといった例も海外ではたまに見受けられますが、日本では馴染みが薄いです。それに国別ドメイン本来の使い方ではないので、あまりおすすめしません。

そして.com/.net/.org/.biz/.infoの中からどれを選ぶかですが、当サイトとしては「.com」を一番おすすめします。次点で「.net」か「.org」です。「.biz」や「.info」はあまりおすすめしません。

その理由ですが、.com/.net/.orgは古くから運用されてきたという歴史があり、ウェブサイトを訪れてくれたユーザーに対しても違和感を与えずにすみます。なかでも.comはとくに認知度が高いため、できることなら.comの利用をおすすめします。(実際、当サイトも.comを採用しています)

また.bizや.infoをおすすめしないのは、これらのドメインはスパムサイトなどの量産に使われることが一時期多かっためです。とくに.infoはドメイン取得業者が格安販売することもあってこの傾向が強く、印象が良くありません。またSEO的にも.infoドメインは検索エンジンに嫌われやすいといった噂も過去にはありました。現在ではそうした問題はほぼ解決していると思われますが、あえて選ぶ理由もありません。

.infoなどは100円以下といった格安で販売されていることもあってつい取得しがちですが、安いものには裏があるわけです。また格安販売の場合も、一年目は安くても、二年目以降の更新費用はさほど安くない場合もあるので注意してください。

 

 

独自ドメインとは?

独自ドメインとは、自分で自由に決められるURL(有料)です。

例えばこの「gamitaka.com」や「sportscarlife.net」など「〇〇.com(.net)」という部分が独自ドメインになり、.com、.netの他にも.infoや.jp、法人じゃないと使用できない.co.jpなんかもあります。

この.comや.netなどの違いは、厳密にいうとあるのですが、あまり気にしなくても良いでしょうw

 

独自ドメインは基本的に早い者勝ち!

独自ドメインは「〇〇.com」の〇〇の部分を自由に決めることができます。

基本的に半角英数字で決めるのですが、今では日本語ドメインと言って「がみたか.com」「いつも心に.net」といったような日本語による独自ドメインを取得することもできます。


偉大な冒険家
だけどSNSでシェアした時にURLの表示が文字化けしたみたいに見えたり、リンク不良を起こしやすいから注意だぜ!

しかし、この独自ドメインの取得は基本的に早い者勝ちなので、使いたい文字列があったとしても、すでに他の誰かに使われている場合があります。

独自ドメインは取得する前に調査してくれるので、もし使われていたら諦めて別の文字列にしましょう(^_^;)

また同じ文字列でも「.comではすでに使われているけど、.netでは誰も使っていないので取得できる」といったケースも多々あるので、そこはお好みで良いと思います^^

 

独自ドメインを使うコスト

はじめに小さく(有料)と書いた通り、独自ドメインを利用する時はお金が掛かります。

そのコストもドメインを取得したサイトによって違うのですが、

.comだと年間1,000円〜1,500円ぐらい。
.jpだと年間2,300円〜2,500円ぐらい。
.co.jpだともう少し高くて年間3,000円〜4,000円ぐらい。


偉大な冒険家
よく「99円〜で取れる.〇〇ドメイン!」ってあるけど、それは初年度だけで、2年目からびっくりするぐらい高くなる時もあるので注意してくれw

がみたか
.comや.netを安い時に取得するのが良いかもしれないね(^_^;)

ドメインとサーバーの関係

ドメインは「インターネット上の住所」と呼ばれることが多いのですが、ドメインだけでは何もできません。

レンタルサーバーという「インターネット上の土地」と呼ばれるものと紐付けすることではじめて、ドメインを使うことができるのですが、この紐付けの設定を「ネームサーバーの設定」と呼びます。

 


偉大な冒険家
「このドメイン(http://〇〇.comにアクセスすると、△△サーバーに繋がりますよ」っていう設定だ。

ムームードメインにおけるネームサーバー設定画面
例えばこれはムームードメイン の画像になりますが、この「ネームサーバ1〜6」にレンタルサーバーから割り当てられた英数字を設定することで、そのサーバーと繋がるようになります。


がみたか
画像はXサーバーの設定ですが、これはレンタルサーバーごとに違いますw

この設定ができれば、どこでドメインを取得しようが、どのサーバーにもつなぐことができるようになります。

ムームードメイン × ロリポップ!
ムームードメイン × エックスサーバー
お名前.com × エックスサーバー
Xドメイン × さくらサーバー
バリュードメイン × ロリポップ!
etc…
このように、ドメインとサーバーの組み合わせは自由自在だということだけ覚えておいてくれたらと思います^^

 

ドメインの管理業者を変更する「ドメイン移管」

ドメインは基本的に取得したところで管理してもらうことになります。

ですが、ドメインを扱う業者によってドメインに掛かるコストが微妙に違ったり、管理画面の使い勝手が違います。


偉大な冒険家
まあ、滅多にいじるようなところでもないけどなw

そんな時に、ドメインの管理を違うドメイン業者に変更することを「ドメイン移管」と言います。

例えば、

ムームードメイン で管理していたものを、お名前.comで管理する。
Xドメインで管理していたものを、ムームードメイン で管理する。
といった感じです。

ただ、移管するのに手数料が掛かる(2〜3,000円ぐらい)ので、ドメインの年間コストを数十円〜数百円下げるために手数料を払うのはちょっと現実的ではありません(^_^;)

【ブログ運営】ドメイン変更から2か月後のアクセス数

 

 

こんにちはー、今日は書くネタもあんまりないので、私のメインブログのドメイン変更から2か月目のアクセス数について報告しておきます。

 

メインブログはhttp://www.dmjtmj-stock.com/です。

 

株や投資関係のブログなので、こういうPVや収益の話は本筋から逸れてしまうのでこちら書くようにしています。

 

ちなみにドメイン移転1ヶ月目のアクセス数についてはこちら

 

 

そしてさらに1ヶ月が経ち2か月目になったわけですが、結果から行きますと、

 

 

 

アクセスは元に戻って右肩上がりになりました!!

 

 

いやぁ辛かったですねー。

 

よくドメイン変更したら3割減るとか半分になるとか言われていますが、一時期はドメイン変更前のアクセス数から60%くらい減少しました。

 

PV数で行くと500PV→200pvまで減りました。

 

いやほんとブログの更新止めようかな・・・って正直2回くらいは思いましたが、いろんなブログを回って90日が目安と言われていたのでなんとか踏ん張っていたので、もとに戻って上昇に転じたのは本当にうれしいかったです。

 

その後この記事を書いている現在は一日1500~2000PVを推移しており、1ヶ月5万PVくらいまで上昇しました。

 

上を見ればキリがないですがアドセンスだけでもなんとか5桁に乗り、報酬も毎月振り込みされるようになったのでブロガーとしてやっと入り口には立てたかなと思っています。

 

ブログ収入についてはこちらに書いています。

 

とはいっても全然時間帯費用に見合っていないので、これからも続けられるかと言われると正直わかりませんね。

 

でもこれくらいのPVになるとアドセンスだけではなく、AmazonやA8あたりのASPでも一定の報酬は発生するようになったので、色々マネタイズの工夫ができる段階には来たと思いますし、ここから上手く収益を伸ばしていきたいところです。

 

話は少し逸れてしまいましたが、今回書きたかったことは私の月1万PV程度のブログだと、独自ドメインに変更するとGoogle様がそれを認識してくれる(PVが元に戻る)まで大体2か月~3か月かかったということです。

 

私のように、はてなブログやライブドアといった無料ブログでブログ運営を始めて、アクセス数が乗ってきたから、独自ドメインに変更しようと思う方は大勢いると思います。

 

そしてドメインを移転したことによって大幅にアクセスが減って悩んでいるかたもいっぱいいると思うので、そういった方の参考になれば幸いだと思います。

 

 

 

【ブログ運営】はてなブログから独自ドメインに移転した話

 

こんにちはー。今回は久しぶりにはてなブログから独自ドメインに移転したのでそのときのやり方とか注意点について紹介していきたいと思います。

 

なぜ独自ドメインにする必要があるのか?

 

昨今は昔と違い、はてなブログやライブドアブログなどでメールアドレスを登録するだけで自分のホームページ=ブログを開設することができます。

 

このとき、サーバーやドメインはすべて無料ブログ側が提供してくれるので私たちは細かい前準備などをすることなく、すぐブログを始めることができます。

 

まあ単純にブログを書くというだけなら、私は無料ブログで提供されるサービスで十分ブログ運営ができます。

 

しかし、アフィリエイトなどブログを使ってのビジネスと言えば聞こえはいいですが、アドセンスみたいな広告を張って金儲けをしたい場合は少し違ってきます。

 

というのも、無料ブログから提供されるドメインやサーバーをそのまま使用するという事は、運営側が万が一閉鎖などになった場合自分の収益源であるブログもそのままおじゃんになってしまう可能性があるからです。

 

また何らかの理由で運営から目をつけられた場合、最悪問答無用でブログBANされるかもしれません。

 

加えてSEO対策でも、無料ブログのドメインよりも独自ドメインの方が長期的には有利なります。

 

なぜかというとGoogle検索では、検索結果で同じページに表示できる同じドメインは2つまでなので、hatenablog.comだと他の無料ドメインのライバルとの競争にもさらされます。

 

無料ブログはある程度ドメインパワーがあるので数記事書いただけで、一日数人は訪問してくれますが、独自ドメインは最初はドメインパワーがないので、登録して3ヶ月くらいはGoogle検索に表示すらされない=人が訪問してこないということもあります。

 

しかし数年単位の長期的視点で考えるならば、やはり運営にBANされることなく他の無料ドメインユーザーと競合しにくい独自ドメインの方がいいと言えます。

 

なので、最初は無料ブログで始めた人も何か月か運営して月数万PVくらい稼げるようになったら、独自ドメインを取得して無料ブログのドメインから独自ドメインへと移行するほうがいいと思います。

 

 

はてなブログから独自ドメインへの移行方法

 

はてなブログで自分のブログのURLを独自ドメインにするには、まずはてなProである必要があります。

 

はてなProは、一番お得なコースで1ヶ月あたり600円ですが、これはほかでレンタルサーバーを借りるのに比べてそこまで割高なわけではないですし、悪くないサービスです。

 

 

 

まず独自ドメインをサイトで購入

 

簡単に独自ドメインを購入するのは、お名前.comという サイトはお勧めです。

 

お名前.comでドメインを購入する際の注意点としては、サイトの見出しとかに『.xyz』が今なら99円!! とか宣伝されていて、一見めっちゃくちゃお得のように見えるのですが、こういう格安のドメインは最初の1年間分は約100円と破格ですが、2年目になると年間4000円近くの使用料金になってしまうので注意してください。

 

個人的には『.com』や『.net』とかは、初年度から1000円近くしますが、ずっと価格が変わらないので、こちらは無難だと思います。

 

購入したドメインをサーバーに登録する

 

お名前ドットコムでドメインを購入したら、次はドメインNaviで独自ドメインのサーバーに登録する必要があります。

 

ドメインNaviに入ったら上のタブの『ドメインの設定』⇨『DNS関連機能の設定』に進みます。

 

f:id:oruka199665:20170802193654j:plain

 

すると自分がお名前ドットコムで購入したドメインが表示されるのでそれを選択して次に進みます。

 

f:id:oruka199665:20170802193836j:plain

 

すると『DNSレコードを設定を利用』という項目があるので、『設定する』をクリックします。

 

 

f:id:oruka199665:20170802194212j:plain

 

ホスト名はなんでもいいのですが、特に何もなければ、『www』にしておきましょう。

 

そして、それ以降のTYPEには『CHANEL』、TTLは『3600』、VALUEは『hatenablog.com』にします。

 

入力が終わったら、『追加』をクリックして「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」という欄で「転送用ネームサーバーに変更する」という項目にチェックを入れて、『確認画面に進む』をクリックします。

 

f:id:oruka199665:20170802194701j:plain

 

するとこんな感じで確認ページに行くので、『設定する』をクリックしてサーバー設定は完了です。

 

登録するサーバーは、将来的にはドメインナビなどで売っているサーバーがおすすめですが、まずははてなブログのサーバーで問題ありません。

 

はてなブログのサーバーは、はてなPROだと使用できるのではてなProの料金が実質のサーバー代だと言えます。

 

 

 

はてなブログの設定欄からドメインを変更する

 

サーバー登録が終わったらはてなブログに戻り、『ブログの管理』から『設定』に進みます。

 

f:id:oruka199665:20170802195153j:plain

 

 

ここから『詳細設定』のタブにいき、さっき購入・設定した独自ドメインを入力します。

 

f:id:oruka199665:20170802195437j:plain

 

購入した『tkdairy.net』に、DNS設定でつけた『www.』を加えて『www.tkdairy.net』がこのブログの独自ドメインとなります。

 

 

URLを変更したことをGoogleに報告する

 

独自ドメインの設定はこれで終了ですが、このままだといきなり引っ越ししたようなものなのでGoogleの検索エンジンからすれば、変更前と変更後のブログは全く別物という認識になり、これまで蓄えたSEO効果が0になってしまいます。

 

なので、このSEOを維持するためにブログのURLを変えたことをGoogle先生に報告する必要があります。

 

 

⇨302リダイレクトのやり方

 

 

おわり

 

お疲れ様でした。これではてなブログから独自ドメインへの移行は完了です。

 

最終的にはWordpress移転⇨レンタルサーバー契約が望ましいですが、これは結構ハードルが高いので、まずは独自ドメインにだけでもしておくことをお勧めします。

 

そしてsearch consoleで、302リダイレクトを掛けてブログが移転したことをGoogleの検索エンジンに教えてもそれが反映されるまでには 2,3か月かかるため、その間そのブログは勝手に引っ越しした扱いになりドメインパワーが消失するので、アクセス数は3割~5割くらい減少するのが一般的です。

 

 

 

 

 

【ブログ運営】Googleアドセンスの関連コンテンツが使える条件

 

どうもこんにちはー、この前Googleアドセンスの審査に通過し、ブログにアドセンスを貼り始めましたが、最近関連コンテンツも使えるようになりました。

 

関連コンテンツに関しては、どうやら使えるブログと使えないブログがあるらしいので、一応、解禁までの期間と解禁時の当ブログの状態をまとめてみました。

 

関連コンテンツが出てこなくて困っている方はもしよければ参考にしてみてください。

 

まず当ブログがアドセンスの審査に合格し、ブログにアドセンスを張り始めたのが4月9日で関連コンテンツが解放されたのが4月25日です。

 

ブログ自体は開設から半年で記事数は160くらいです。

 

まあ2週間ちょっとですね。ちなみに一日のアクセス数は260~300程度で月1万ペースですらありませんでした。

 

一応独自ドメインにする前は倍くらいあったんですけどね・・・。それについては↓の記事で書いてます。

 

tkdiary.hatenablog.com

 

 

まあ関連コンテンツが使える条件が緩和されたというのは恐らく本当っぽいですね。これまで関連コンテンツは、私のような弱小アドセンスユーザーの憧れでしたが、今は半年くらいマメに更新してればほとんどの人が使えるようです。

 

ちなみにブログの種類は株式投資専門の特化型ブログです。一応私はこれの他に月3万PVくらいの商品を勧めることもなく、日常の不満について毒を吐くだけの雑記ブログがあるのですが、そっちにはまだ来ていません。

 

今回驚いたのは、明らかに月1万以下のペースなのにも関わらず関連コンテンツのお誘いが来たという事です。

 

まあ、その株ブログはカテゴリーとかを、ちゃんと付けてこの記事はこういう事について書いてますというのを明確にしてあげると、最適化案として関連コンテンツが出やすくかったのかもしれませんが

 

まさか1万PV未満ででてくるとは驚きです。いやーGoogleの兄貴もずいぶん寛容になったものです。

 

とりあえずアドセンスの審査の門はきつくして、入ったら優しくする方針に方向転換したんですかねぇ・・・

 

Googleはアドセンス2次審査や関連コンテンツと言い、なにをもって判断しているかの基準がイマイチわからないので、その基準の推測材料の1つとして当ブログの例を報告しておくと、「当ブログは特化型の1万PV未満のペースでも関連コンテンツが解禁されました。」

 

やっぱり関連コンテンツの広告ユニットがあるとブログが引き締まって見えますね。まあ、サムネがガバガバな記事が結構あるので、ます手直ししなければなりませんし、ネイティブ広告もまだ出てないので、ブログ運営も全然まだまだですが、頑張っていきたいと思います。

 


 

 

【ブログ運営】独自ドメインに変更して1ヶ月後のアクセス数

 

 

今日は他で運営しているブログが無料ドメインから独自ドメインに移転してからちょうど1か月立ったのでそのアクセス数について触れていきたいと思います。

 

まずドメイン移転でよく聞く話が、ドメイン移転したらアクセス数が減るという話ですよね?さて当ブログはと言いますと・・・

 

 

 

 

滅茶苦茶減りました・・・(涙)

 

 

 

正直かなりつらいですね。具体的にどれくらい減ったのかというと、独自ドメインに移転する前のアクセス数が、1日平均500~600PV位でした。

 

これが移転後は、1日平均250~300pvくらいに減りました。よくある3割どころか5割減少ですよ・・・。ブログのネタにもなりません。

 

移転前まで毎日更新していましたが、さすがにモチベが下がったので1週間に5日ほどになってしまいましたね・・・。

 

もちろんコンソールにアドレス変更した報告も行い、301リダイレクト(はてなブログは自動でしてくれます)も確認し新しいサイトマップも送信しています。

 

移転前に色々ブログを徘徊して減少するのは覚悟していたもの、いざ実際に減少するとやっぱりつらい・・・我ながら根性がないなぁとも思います。現在はそのブログはほどほどに更新しつつ、他のブログに力を入れている感じです。

 

 

独自ドメインに移転してから、節目の1ヶ月となった今日のアクセス数も280PVとピリっとしません。1か月1万アクセスいかないってやべぇよやべぇよ・・・。

 

おそらくこの記事を読んでいる方は移転を検討または同じように移転そてアクセス数が減っている方だろうと思うので、そういう方向けて

 

軽くまとめておくと、「当ブログは独自ドメインに移転したところ、アクセス数が半減しました。2週間~1か月経ちましたがまだ変わりません。」(移転において必須の措置はほぼやっています。)

 

風の噂によるとコンソールの旧サイト側のインデックスが0にならないとブログの評価が引き継がれないという話もあり、確認してみると旧ブログのインデックスがまだ3分の1ほど残っていたのでこれが0になればアクセス数がもとに戻るかもしれません。

 

一応Google様の公式アナウンスでは、ブログ移転で評価を正確に反映させるためには180日、つまり半年かかるらしいので、ちょくちょく手入れしつつ気長にアクセスが戻るのを待つ日々です。

 

なにが進捗があればまた報告したいと思います。では~

 

 

7.27追記:無事アクセス数は元に戻り右肩上がりに転じました!そのことについては↓の記事で触れてます。

 

【ブログ運営】ブログ開設から半年時点でのGoogleアドセンス収入

 

【ブログ運営】ブログ開設9か月目でのアフィリエイト収益報告

 

 

 

【大学生活】就活でやるべきこと


大学受験を合格し大学に入学しても、2回になれば、大学生活も折り返しに入り、本当は見たくもないですが、就職という将来が視野に入ってきます。



そういうわけで今日は、まだ就活が迫っていることに実感を感じなければいけない人向けに、いつ頃から情報を集めたり行動したりしないといけないかなどを簡単にまとめていきたいと思います。面接やエントリーシートの書き方とか深い話ではありません。とりあえず就活っていつから始まってどれくらいで終わるのか・何をしておいたほうがいいのか程度の浅い話ですが、まず物事の大まかな流れを把握するのってすごい大事だと思うので・・・



まず就活のおおまかな流れを見ていきたいと思います。とりあえず参考にするのは、今年の就活生である18卒(2018年卒業予定の大学生)のスケジュールです。



・2017年の就活スケジュール



リクルートによる今年の就活スケジュールはこんな感じです。



3月1日:企業の採用情報解禁

3月~5月:企業説明会・エントリシートの提出(エントリー開始)

6月:面接開始、内定が出始める




なので、企業の大半が9月中に終了し、就活性も4回生の後期には就活を終えている就活生が多数を占めることになり、18卒は2017年の早春から夏にかけてが就活本番となります。



就活の注意点



表向きの就活スケジュールはこんな感じです。ですが「3月の情報解禁から」が就活ではありません。実は情報解禁の前に大きな就活イベントがあります。それが皆さんもなんとなく名前は聞いたことはあるであろう「インターン」というやつです。



インターンには7月辺りに行われる夏季インターン、そして夏以降から情報解禁までの2月いっぱいまで開催される「秋冬インターン」というものがあります。



要するに、就活で有利に動くためには、「情報解禁まで」が重要なのです。できるだけ早く就活の準備をしたいという人は、まずは目前のインターンへの参加を目指すべきでしょう。



インターンが企業の採用活動として存在感を高めている今、多くの企業が夏季から2月いっぱいまでインターンを実施しています。夏と秋冬で内容として大きな違いがあるわけではなく、夏季と同様のインターンを再度実施する企業や、夏季は実施していなかった企業が秋冬に初めて実施する場合もあります。なので「夏季に参加していないとアウト」といったことはありません。



ただし夏季に参加してさらに秋冬に参加しようとしている人、夏季に採用されずに秋冬でリベンジしようとしている人がいる点が、夏季と秋冬の大きな違いです。つまり秋冬インターンではすでに経験を積んでいる人、モチベーションの高い人が多く参加してくるのです。



これは見方によっては「採用の門が狭くなる」というデメリットですが、逆に捉えれば「レベルの高い就活生から刺激がもらえる」というメリットに変わります。挑戦する価値は十分あるでしょう。




正直、夏季の実施時期はまだまだ就活に関する知識も少なく、少しでも興味のある企業や業界のインターンの選考をやみくもに受けてしまいがちです。私もそうでした。色々なところのインターンに行きましたがあまり役に立ったか振り返ると、うーんって感じです。もちろんそこから学ぶこともありますが、同時に無駄が多いのも事実です。



その一方で、夏が終わり秋冬の時期になると就活への意識が高まり、知識も増えてきます。すると自分の将来像にあまり関連しない企業や業界のインターン選考対策に、無駄な時間を割かずに済みます。



その結果、厳選された企業や業界についての研究が進み、情報解禁後の就活本番につながる経験値を確実に積み上げられるというわけです。



もちろん時季に限らずインターンに参加すれば実務経験が積めたり、選考過程で面接の練習になったり、給料を貯金して就活本番の軍資金に回すこともできます。



もちろん必ずインターンに参加しなければならないというわけではないですが、やはりインターンに行った人とと行かなかった人に差が出るのはほぼ間違いありません。ですが、不参加でも「先輩などの人の話を聞く」です。できるだけ多くの社会での実体験を聞いて自分ならどう思うか・感じるかを考えておくだけでも、この部分はカバーできます。



・就活前に準備しておく事


3月の就活解禁前にしておくべき事としてよく挙げられるのが「自己分析」「企業研究」です。「インターンに行くのとかめんどくせぇ」と思っている人もこれくらいはやった方がいいと思います。



秋冬インターンに挑戦するにせよ、不参加を貫くにせよ、就活本番前にどうしてもやっておかなくてはならないことがあります。それが「自己分析」と「企業研究」です。この2つは就活の基礎中の基礎。というのも就活でどういう企業を受けるのかを中小企業まで合わせると、全国で数万社ある中から数十社に絞る作業なので絶対にやらなければいけません。



加えて、エントリーシートの書き方や面接時の受け応えの仕方などがいくら上手でも、自分のやりたい仕事や将来像があやふやだったり、選考を受けている企業について上辺の情報しか調べていないのであれば何の役にも立ちません。



2つ目の企業研究は、その企業の給料や勤務体系です。いくら給料が良くてもブラック企業で鬱や過労死しては意味がありませんし、会社を受ける前にその辺りのことを一応最低限は調べましょう。



あと、※SPI検定も少しくらいは書店で本とかを買って勉強しておくべきだと思います。別に大したボリュームでもないのですが、早めにやっておくに越したことはありません。


※就活生の能力を図る一種の試験